食生活と生活環境

発毛における食生活と生活環境について

発毛の悩みを解消すると言うことは、発毛剤を使用して頭皮や髪の毛に直接施すものばかりではありません。

 

薄毛になってしまう原因のひとつには、生活環境や食生活の乱れによって、体そのものが栄養をうまく運べなくなっている場合があるのです。

 

発毛に関しては、どちらかと言うとこの生活習慣や食生活を見直すことのほうが大変なことであり、なかなか維持できないのが現状のようです。

 

しかし、簡単に発毛剤を使うことより、かなり大切なことですので、まずこの生活環境と食生活を見直ししていきましょう。

 

食事は、野菜や果物など、ミネラルやビタミンを多く含むものを摂取するように心がけます。

 

間違ってもバランスの悪いレトルト食品やファーストフードの摂り過ぎには注意です。

 

頭皮に行き渡る栄養分は、体の中で最も遅く運ばれます。
よって、バランスの良い食生活をおくらないうと髪の毛まで栄養が届いてくれないのです。

 

頭皮、髪の毛に良い食品をあげておきます。

 

レバー、人参、緑黄色野菜、卵、牛乳、玄米、豚肉、大豆、チーズ、
海藻類、魚介類、牛肉赤身、プルーン、など

 

お酒は百薬の長と言われていますが、飲み過ぎは良くありません。
肝臓が弱るとたんぱく質の生成が衰えるからです。

 

週に2日は休肝日を設定しましょう。
お酒は楽しむ程度とすることが大切です。

 

頭皮に運ばれる栄養は、睡眠中に運ばれると言っても過言ではありません。
昼間は体を動かしますので、栄養がそちらに多く運ばれます。

 

睡眠を十分に取ることは、頭皮や髪の毛にとって非常に重要なことなのです。

 

忙しくても、なるべくなら少し汗ばむ程度の有酸素運動を行いましょう。
体の血液の循環が良くなることで、頭皮への血流も良くなり、栄養分がしっかり運ばれるのです。