プエラリア

バストアップの方法とプエラリアについて

近年バストアップに効果的なものとして、プエラリアが注目されています。

 

プエラリアとは、正確にはプエラリア・ミリフィカというタイに自生するマメ科の植物のことです。
タイではガウクルワと呼ばれているものです。

 

現地や一部の人にしか知られていなかったプエラリアは、1960年にイギリスの科学誌「ネイチャー」に取り上げられ、世界中の研究者の注目を集めるようになりました。

 

最近では日本でもいくつかの有名女性誌でバストアップの方法として取り上げられ、若者から中高年に至るまで幅広い世代の女性に注目されています。

 

プエラリアは、女性ホルモンに似た働きを持つ植物性エストロゲン、イソフラボンを多く含み、その含有量は大豆の40倍にも相当すると言われています。

 

最近のタイ国の大学の研究では、プエラリアの白い塊根が胸部乳腺を増やして活発にし、黄体ホルモンの受容体を増やすことによってバストアップ効果をもたらすことが確認されているようです。

 

日本においては、サプリメントや美容食品として、プエラリア商品が多く市販されています。

 

プエラリアの効果は、平均2〜3ヶ月で現われるといわれますが、体質や体形によって個人差があり、特に脂肪の少ない人には効果の現われにくい傾向があるようです。

 

女性ホルモンの多く分泌される睡眠前や夕食前後に摂取したり、乳製品と一緒に摂取するなどの工夫で、より高い効果が期待できるようです。

 

また、プエラリアはバストアップの方法としてだけでなく、生理通の軽減、不妊症、更年期障害などの婦人系の症状や、美肌、美髪、ダイエット効果など、他にも多くの効果が確認されていることも魅力の一つなのです。